菅野しずか – 超絶ハードアナル作品

超ハードなアナルSEX作品です。すごいです。ディルド6本入れられたり、8本も浣腸されまくったり、ドSの男優陣にドMの菅野しずかさんがアナルをやられまくります。二穴同時もあり。マンコ挿入よりもアナル挿入のほうが多い本格アナル作品です。レビューの評価がとても高いので好きな人には受けるのでしょうね。

作品概要

5段階評価: 4
タイトル: アナル拡張肛門クラッシュ
出演女優:
配信サイト: FANZA
発売日: 2012/04/13
収録時間: 120分
属性: アナルSEX 浣腸 二穴同時

全体の流れ

  1. ソファの上でお尻を丸出しにさせて、アナルの大アップ。指を入れる。先ずは小指から。ほぼ根元まで入ってる。それから中指。アナル用ディルドを1本、2本と入れていき、最後は6本入れられる。次は太めのバイブをアナルとオマンコに同時に突っ込む。
  2. 男優とすするようなキス。既にアナルは開き気味で、オマンコとアナルに指を2本ずつ入れられる。その後も執拗にアナル攻め。前戯が終わると、いきなりアナルSEX。途中で何度か抜いて、穴の開き具合をカメラに見せるという憎い演出。最後はアナルに射精。射精後の穴が伸縮する映像はエグい。
  3. 2人の男に挟まれてフェラチオ。1人のペニスがかなり長い。おもちゃを次々と変えながら、アナル攻め。長いペニスを突っ込まれるのかと思いきや、フェラチオ→口内射精で終わる。最後の「やられてる」という表情が美しい。
  4. 超極太バイブを2本連続で入れられる。次に白い液体が入った注射をアナルに8本注入される。「出ちゃいそう」と菅野しずかが言うと、「我慢しろ」。しかし、たまらずに白い液を噴射。更に4本注入。その後は噴射しては注入の繰り返し。飽きるくらいに執拗。目の前には白い液体の水溜り。白くないものも浮かんでいて、ちょいグロい。
  5. 4P。マンコとアナルに指、バイブ、ペニスを次々に入れられる。同時挿入もある。最後はアナルに3連発。

感想

エグいです。超ハードです。「本格アナル」作品です。

タイトルから匂わせるものがありますが、男優陣がドSで菅野しずかはドMという役割です。よくこんなもの作ったというソフトボールよりも大きいくらいのカリのバイブを突っ込まれたり、アナルに次々に入れられたり・・・

僕の中では浣腸モノの最高傑作は愛咲れいら(当時は原千尋)さんの「快感アナルFUCK」なんですが、愛咲さんのこの作品の方が美しいですね。この作品の方がアンダーグラウンド感があります。

DMMのレビューでの評価が高いところを見ると、マニア受けするんでしょうね。しかし、まあ、凄い女優さんです。以前、紹介した童貞モノの作品では、彼女は色っぽいおねえさんでした。この作品では「壊れゆく」という感じで、退廃的なムードさえ漂います。上に書いたフェラチオから口内射精をされた後の「やられている女の表情」がすごいです。こんな顔するんだ、と驚きました。

賛否両論の作品でしょうね。マニアの方は分かっていて買うので、レビューの評価が高くなるのでしょう。