若い女子校生から垂れてくる濃厚白濁マン汁(石川澪 担任教師の僕は生徒の誘惑に負けて・・・)

先生と禁断の恋愛をする石川澪さん。苦悩する先生を誘惑してオマンコにチンコを入れさせると、匂ってきそうな真っ白な濃厚の白濁マン汁をオマンコから垂れ流してしまいます。このマン汁がドロッドロで、生々しさ抜群。マン汁フェチ必見のシーンです。画像の白い液体はもちろんマン汁です。

みなさん、新年あけましておめでとうございます。2019年からダラダラと続けてきた当ブログですが、昨年はアクセス数と当サイトを経由したエロ動画の売上が飛躍的に伸び、人類の皆様の愛液への憧憬というものを改めて感じました。世間ではいまだに愛液と潮吹きの区別さえできていない媒体諸兄が跋扈されていますが、今年も変わらずホンモノを追求して皆様に情報をお届けしていきたいと思います。

また、昨年は優しい読者の皆様からマン汁動画の情報を教えていただきました。ありがとうございました。皆さまから教えていただく作品は破壊力抜群で、こうやって集約した情報を発信していけば、マン汁党の皆様においては一生オナニーのネタに困ることはないものと確信しております。

作品概要

5段階評価
タイトル担任教師の僕は生徒の誘惑に負けて放課後ラブホで何度も、何度も、セックスしてしまった
出演女優
配信サイトFANZA
発売日2022/12/02
収録時間121分
価格1,980円
品番midv00229
属性ドラマ スリム体形 白濁マン汁

2023年最初の記事は2021年にデビューした石川澪(いしかわ みお)さんの最新作品です。読者の方から教えていただき、ちょうど年末年始で半額セールをやっていたので購入しました。

その読者の方が「殿堂入り」とコメントされていただけあって、かなりの高レベルマン汁作品です。良い作品をご紹介いただきありがとうございました。

石川澪さん、20歳。158㎝の身長に、B82(A) W58 H86というスリム体形の女優さんです。お尻が真っ白なのが魅力です。

本作は「放課後ラブホで何度も、何度も、セックスしてしまった…」というシリーズの作品です。まあ、よくあるストーリーではありますが、既婚者である先生(男)と生徒(女)の恋愛ドラマです。

先生を誘惑する小悪魔?

「もうこんな関係はやめよう」と別れようとする担任に対して、体をもたれて指を愛撫しながら、「本当にそれでいいの?後悔しちゃうんじゃない?今日だってわたしとセックスしたかったんじゃないの?」「わたしも先生とセックスしたい。わたしとセックスすれば、学校とか奥さんとか面倒なこと全部忘れられるよ」と迫る石川澪さん。ナチュラル小悪魔です。男を貶めるための教科書みたいな出だしです。

石川澪さんの作品は初めて見ましたが、お顔がナチュラルでいいですね。今回のような「悪い子」の役がよく似合います。

自然なお顔だけに、ふつーーーーの若い女の子にプロのメイクさんをつけてプロデュースしたような感がありまして、節々で感じられる普通感といいましょうか、地味感は否めません。普通っぽい女の子がフェラチオでもするかのようなベロチューをするそのギャップを愉しむのか、もっと華やかなルックスのAV女優さんを好むのか、その辺りは好みが分かれるかもしません。

石川澪の超濃厚マン汁

さて、マン汁フェチのお友達に「殿堂入り」と言わしめたマン汁シーンは最初のカラミにあります。

ラブホテルでイチャイチャする2人。石川澪さんのショーツが露わになると、途中から愛液のシミができているように見えます。ただの影かもしれません。オマンコの形がくっきりと見えているので、その凹凸の影響なのかも。

そんなことを思っていたら、17分40秒。その股間にカメラが近づいて、それが愛液のシミであることがはっきりわかりました。いいですね。綿のパンツに地図を描く愛液のシミ。ショーツではなく「パンツ」です。

しかし、この子、お尻が真っ白ですね。もう少しお肉がつくともっといいカーブになると思うのですが、透き通るような綺麗なお尻をされています。

前戯を終えて、ソファの上で「先生、入れて・・・」と懇願され、先生が正常位で挿入。いけない恋愛に燃え上がる2人という設定であるため、キスが多いです。

この作品のレビューを見ると、「アングルが悪い」というコメントがありますが、確かにこの正常位ではセックスをする2人を上から見るようなアングルが続きます。見えるのは男の左肩が中心です。

しかし、その時は突然訪れます。

34分14秒。とつぜん映像は2人の結合部に切り替わります。その瞬間・・・

名のない管理人
わーーーお!超濃厚白濁マン汁!!!
真っ白なマン汁の筋がオマンコからアナルを経由してながれているではありませんか!?
男のペニスも白い!そしてさらに上の方からクリーミーマン汁が徐々に流れてきている!

マン汁業界では超長回しに当たる50秒近くマン汁の映像が流れます。ムーディーズ様、太っ腹!

なんか、すっげぇドロッドロなんですよ。見た目は完全に中出しされたザーメンなんですけど、ザーメンだってもっとサラサラしてます。ドロッドロで、クリーミー極まりない汁が、じわーっとスローリーなんだけれども確実にオマンコから流れて出てきてる様が、エロっつーか神秘的です。神秘的なくせに生々しいです。匂いを嗅ぎたくなります。

読者の方は「殿堂入り」と仰いましたが、確かにこんなに濃厚なマン汁はめったに見れませんね。それが、この普通の女の子っぽい石川澪さんのオマンコから流れてきているという事実にね、ちょっとクラクラします。

とまあ、言葉ではイメージできないでしょうから、下の画像をご覧ください。これがそのマン汁シーンです。この後に、更に上の方からも出てきます。

なんか、むせかえるような感じしません?香り立つっていうんですかね?

で、この後、バックになるのですが、挿入直前に石川澪さんのアナルに白いマン汁がついているのが一瞬見えるんですよ。あろうことか、この男優野郎、そのマン汁を指でふき取りやがった。

あんた、イヤミか?視聴者にはその存在を伝えるのに、見せないという特権階級意識でも味わいたいのか?

ちなみに、男優の手の甲にも白い液がついていますが、男優もカメラもまったくその辺は拾ってくれません。逆に言えば、演出ではないということなのでしょうけど、マン汁もその作品のエッセンスじゃないですか?もうちょっと意識してほしいよねぇ。

その後は、モザイク越しに白濁マン汁っぽいのが見えるような見えないようなという場面もありましたが、普通に正常位でお腹の上に射精して終了。

ソファでのセックスが終わると、お風呂でベッドで何度もやりまくるという流れです。マン汁映像が見れるのは、最初のカラミだけで、僕にとっては残りの部分はあってもなくてもいいレベルでした。

総評

胸が小さいので、好みは分かれると思いますが、マン汁好きの方なら買っておいた方がよいと思います。あの濃厚マン汁はきっとあなたの2023年ヘビーローテーションのひとつになることでしょう。まだマン汁作品をあまり見たことがない方は、いずれあそこまで濃厚なマン汁映像は滅多にないということにいずれ気付くことでしょう。同じような映像が見れる作品で、すぐに思いついたのは下の3つです。

関連記事

[star-list number=5]画像(右下)の白い液は中出しした精液ではありませんよ。マン汁です。加美杏奈さんのお尻を撮りまくるという本作、結合部とアナルがたくさん見れて、最後に挿入中に流れるマン汁と、ペニスを抜いた後にまる[…]

関連記事

[star-list number=5]横山美雪さんのデビュー作。正常位で透明の愛液が一筋流れて、それがメレンゲ状の白濁マン汁になるシーンはAV史に残すべきです。濡れやすい体質のようでとにかくマン汁シーンが多いです。マン汁ファン必見[…]

関連記事

[star-list number=5]この画像をご覧ください。これザーメンじゃないですよ。マン汁なんですよ。もちろんいきなり映像が変わってこのマン汁シーンという流れではなく、じわじわと流れてくる様子が見れます。マン汁フェチ必見の、[…]

作品についていえば、男優の演技がダメですね。ストーリーだけを見ると、悲壮感漂う内容を期待するじゃないですか?ドラマの「高校教師」みたいな雰囲気。でも、全然悲壮感がないんですよ。

しかも、先生は苦悩をしているのに、セックス中の言動がただの変態親父でキモいんです。セックス中ももっと苦悩と快楽に悩む雰囲気を出してほしかった。あれでは、ただの若い女の子とセックスできてうれぴー!!!って感じのおっさんです。

あなたのおすすめのマン汁AVを教えてください!

抜けるマン汁動画の情報を発信するために、あなたのおすすめのマン汁動画(作品名と女優名)を教えてください。メールアドレスなどの個人情報は一切不要です。Googleにログインする必要もありません。記入していただいた内容は僕にだけ送られて、ここには公開されません。