電マをクリトリスに当てているだけなのに白濁マン汁を流してしまう加美杏奈さん

当サイトで今もっとも売れている女優さん、加美杏奈さんのマン汁作品です。いくつかマン汁シーンがありますが、必見はクリトリスに電マを当てられているときに、白い愛液をオマンコから流してしまうシーン。直接触っていないのに、流しちゃうなんてね。

 

こんにちは、「汁党」へようこそ。このサイトは、日本で唯一(23年1月時点、僕調べ)の愛液・マン汁専門のエロ動画レビューサイトです。汁党の党首代理である僕が、自分で見つけた、もしくは読者の皆様からの教えていただいたマン汁動画をご紹介していきます。なお、僕は潮吹きには全く興奮しません。当サイトで扱うのは糸を引く愛液やドロっとしたマン汁が見られるAV作品のみです。

作品概要

5段階評価
タイトル大好きな婚約者の兄は、昔私を犯し続けた粘着ストーカーだった
出演女優
配信サイトFANZA
発売日2022/02/04
収録時間120分
価格500円~
品番oned00940
属性人気女優 白濁マン汁 マン汁混じりの潮吹き

今回ご紹介するのは、加美杏奈さんの作品です。つい先日もご紹介したばかりですが、僕のイチオシAV女優さんなので仕方ありません。本作ではどんなマン汁で僕らを勃起させてくれるのでしょうか?

本作はドラマ仕立ての作品です。どういうお話かというと、

婚約して、婚約者の実家に住むことになった加美杏奈。なんと、そこに同居していた婚約者の兄というのが、以前加美杏奈さんを性処理の相手としていたストーカー男で、加美杏奈はオマンコから本気汁を分泌してしまうのだった・・・

こんな内容です。

内腿に白濁マン汁

最初に嫌がる加美杏奈さんに、後にストーカーになる男が無理やりフェラをさせるシーン。たいした内容ではありません。

そして、運命のいたずらでそのストーカー男とひとつ屋根の下で暮らすことになった彼女、当然ながら再び無理やりセックスをさせられます。

Iゾーンは処理されていますが、Vゾーンのモジャっとしたマン毛が艶めかしく、アナルとお尻が美しいです。

挿入されると、モザイクの一部が白くチラチラしてるんです。

まさかね。

「やめてください!やめてください!」って言ってるシーンだもんね。本当に嫌がっているように見えるし。

結合部のアップのシーンでもやはりちょっとだけ白い部分が見える。

47分。マン汁疑惑の白っぽくなったペニスが抜けた瞬間のことです。

党首代理
マン汁じゃん!白くなってるじゃん!

ペニスが抜けて、加美杏奈さんの内腿に当たると、そこにはいやらしい白濁マン汁の筋が付着しているのでした。

アナルのドアップ、内腿にはすっかり白く濁ってしまった愛液。

しかし、男優も彼女もその液の存在に気づいていないご様子で、すぐに別の体位になってしまいマン汁はカメラから隠れてしまいました。これぞ、演出ではない、加美杏奈さんの本気汁。

あんなに嫌がっていたのに、正直なオマンコは愛液を分泌しまくっていたという事実。前戯で潮吹きもない状態でのマン汁。

映像は一瞬でしたが、こうして事実をつなぎ合わせていくと僕のおちんちんはますますハードボイルドになります。

最後はバックから背中に射精。

電マでクリを刺激されて白濁マン汁を流してしまう加美杏奈さん

廊下でストーカー男に手マンをされてしまう加美杏奈さん。手マンをされるうちに、アソコからびしゃびしゃと水がはじける音がしますが、潮は吹きません。男が手を離すと彼の指先は愛液か潮かわかりませんが、びっしょりと濡れています。

さらに激しく手マンをされると潮を吹いてしまいます。

指が終わると、廊下の床の上で電マ攻め。加美杏奈さん、腰を浮かせて感じてしまいます。

そして、61分55秒あたり・・・

党首代理
白濁マン汁が流れています!
クリトリスを電マで刺激してるだけなのに!
さっきは何もなかったのに、いつの間に!?

文字通りの垂れ流しです。

最初は何もなかったんですよ。映像のカットなしで、いつの間にか白い液が加美杏奈さんのオマンコから流れているのです。

よく聞いてください。

加美杏奈さんのオマンコから白い愛液が流れているんですよ。下の画像がそれです。

見えるでしょ?めっちゃシコラセブルじゃないですか?しかも、1分以上至近距離でこの白濁マン汁を拝むことができます。

マン汁マニアの方でないと分からないかもしれませんが、電マで白濁マン汁が流れるシーンはなかなか珍しいです。白濁マン汁が流れるシーンといえば、手マンと挿入中に指やペニスにかき出されるように出てくるパターンが最も一般的ですよね?

こういうクリトリスを刺激しているだけで、白い液が流れ出てくるという場面は貴重です。この価値をみなさん分かっていただけるでしょうか?

その後も四つん這い(に近い恰好)にさせられるのですが、その時もお尻の穴に白濁マン汁が付着している瞬間が見れます。画面が暗いのがなー。雰囲気は出てるのだけれど、マン汁は見にくくなってしまってます。

でもね、

加美杏奈さんのお尻の穴に付着しているマン汁、マジでちょーエロいです。

電マでおしまいかと思いきや、フェラチオをさせられて、

最後は挿入されてしまいます。

そして、杏奈さんを椅子の上に座らせて正常位で挿入したその映像が流れたとき、

党首代理
付いてますね~
白濁マン汁!

加美杏奈さんの内腿にザーメンのような白い雫がついています。しかも両側に。しっかりとした陰毛の両脇に白濁マン汁。いい画です。しかし、制作側がマン汁にあまり関心がないようで、ピストンをする男優の下腹部のせいで、あまり長くは見れません。

「杭打ちピストン騎乗位で白く泡立った愛液まみれ」などというタイトルで噓くさいマン汁を見せるくらいなら、こういう場面を大事にしようよ。

この2回目の本番でマン汁が見れたのは上のシーンだけ。最後は胸に発射してお掃除して終了。

粘性のある潮吹き⇒愛液が陰毛から糸を引いて落ちる

いくつか日常的にセックスをしているという意味での断片的な本番映像が流れたのちに・・・

最後はベッドの上で、ストーカー男とセックス。

クンニをされて、四つん這いにさせられます。

この四つん這いになった姿を見ると、改めて加美杏奈という女優さんの魅力が分かります。

お尻がほんと綺麗なんです。綺麗なお尻のAV女優さんはたくさんいますが、加美杏奈は綺麗でエロいお尻といえばいいかな。四つん這いになったときの陰毛の見え方、お尻のカーブ、肌の質感、綺麗なアナル、ひとつひとつの要素が組み合わさって、ものすごく男の欲情を煽るのです。

この四つん這い、サンプル画像作ってほしかったわー。

でも、このお尻を四つん這いでちゃんと捉えるこの作品は全体的にアングルが良いと言えます。

そして四つん這いの後ろから手マンをするストーカー男(61分)。

オマンコからポタポタと潮が落ちはじめます。

党首代理
ああぁん!!
なんか潮がねっとりしていて、糸を引きながら陰毛から滴ってる!!!

陰毛からつつーっと糸を引いて落ちる愛液、最高です。

とりあえず潮吹きをさせているアダルトビデオ界隈のみなさんに見てほしいです。これが、「勃たせる潮吹き」ですよ。バシャバシャと水分をまき散らす潮吹きとは全然違います。

それにしても・・・加美杏奈さんはマン汁混じりの潮吹きが多いですね。これは体質なのでしょうか?下の2つの作品でも「白濁潮吹き」をお吹きになられていました。

関連記事

[star-list number=5]綺麗なお姉さんが、3回もマン汁を分泌させています。僕のお気に入りはセックス中に「あれ?結合部が白くなっていない?」からの陰毛に絡みつく白濁マン汁が確認できるシーン。最後のじわじわと白濁マン汁が[…]

関連記事

[star-list number=5]加美杏奈さん、糸引く愛液、粘性と白みがあるハメ潮、ドロっとした白濁マン汁と、バラエティー豊かな愛液の姿を見せてくれます。ご存じのとおり、とてもお美しい女優さんで、こんな綺麗な人がこんな本気汁を[…]

この3回目の本番ではこれ以上のマン汁シーンはなく、最後は顔射+お口でお掃除で終了。

※本作品が見放題chで視聴できるか事前に確認することをおすすめします。

総評

僕の中で「濡れやすいAV女優」といえば、北野のぞみさん、鈴村あいりさんの2人だったのですが、この作品を見て加美杏奈さんもここに追加することになりました。スリートップです。濡れやすいというよりも、「汁やすいAV女優」と言ったほうが正しいでしょうか。

ちなみに、「濡れやすいかもしれないAV女優」は、星野ナミさん、横山美雪さん、柚月あいさん、穂花さん、麻美ゆまさん、香椎りあさんです。名前を挙げた中で現役なのは鈴村あいりさんと加美杏奈さんだけですね。情報量の少なさを痛感します。

本作は3回の本番シーンがありますが、相手はすべて同じ男優です。ストーカー役ということもあって若干クセはありますが、良い意味であまり前に出てこないので主役である加美杏奈さんにフォーカスして見ることができます。

120分の中で余計なシーンはほとんどありません。180分くらいある作品と同じくらいのボリュームという印象です。

全編に渡って加美杏奈さんは「無理やりやらされる」という立場なので、笑顔がほとんどなくて悲壮感があります。他の作品とはかなり雰囲気が違います。そういう加美杏奈さんの演技力も光る作品でもあります。

電マのシーンはほんとおすすめですよ。「挿入中のマン汁が一番!」という方も多いでしょうけれど、クリトリスしかいじっていないのに流れるマン汁映像というのも、これまたいろいろな想像を掻き立ててくれます。

なお、現在下の2つの作品も半額セール中です。本作と同様に1月12日午前10時までです。上の作品がなかなかそそりますね。