[小野六花] 開脚した股間をいじられてマン汁が糸を引く

「イったことがない」という小野六花さんをイかせるという作品です。そんなことはどうでも良くて、糸を引くマン汁が見られます。しっかりとしたマン汁です。でも、それ以外は普通というか退屈ですね。マン汁ファンとしては残念なシーンがいくつもあり、全体的には微妙でした。

作品概要

5段階評価 3
タイトル 初めてイッちゃった!
出演女優
配信サイト FANZA
発売日 2020/09/12
収録時間 146分
品番 mide00821
属性 糸引くマン汁 人気女優

インタビュー

インタビュー。イったことがないという小野六花さん。「イクこと」がこの作品のテーマです。以前、Twitterのタイムラインに画像が流れてきて「こんな可愛い子がAVに出てるのか!?」と衝撃を受けたのですが、映像で見るとちょっと幼いですね。とてもAV女優には見えません。よく「アイドルなみのルックス」という表現がありますが、彼女がアイドルグループにいてアイドルグループの女の子がAV女優だとしても全然おかしくありません。完全互換です。

インタビューに答える姿を見ていても、数分後にはお尻丸出しで男優にフェラチオするような人にはとても想像できません。好きなおじさんは多いでしょうね。関西の子なんですね。ときどき出る関西のイントネーションが可愛いです。

最初はしみけん

最初の男優はしみけんです。激しいキスから始まりますが、しみけんが一方的に激しく舌を出していて、小野六花さんはそれを受けているだけにも見えます。

顔は幼いですが、マン毛は黒々としていていいですねー。しみけんにオマンコを舐められながら「そこ気持ちいいです」と敬語で言ってしまうところに人柄が表れています。そしてこの子、大陰唇がもっこり且つ若干黒ずんでいて生々しいです。

しみけんのプレイなんですが、とりあえずクンニが長くてそれだけで流れが悪く見えてしまいます。ただ、小野六花さんの挿入後の枕を両手でぎゅっと握る姿、ときどき見せる唇を噛むような表情、冒頭よりも積極的なキスなど、可愛い女の子が乱れていく姿は好きな人には堪らないと思います。

それと34分ごろから見せてくれる、騎乗位を後ろから捉える映像はいいですね。小野六花さんは上半身に比べると下半身が立派で尻が大きいです。若い女のアナルと結合部の映像は抜くには十分です。最後はお顔にかけて、軽くお掃除をして終了。

糸を引くマン汁

今度は大人のオモチャで小野六花さんを攻めます。前段のインタビューで大人のおもちゃを見せながら「知ってる?」という質問がありますが、いや中学生だって知ってるでしょ?

まずは服の上から刺激を与えてから、スカートを脱がせると・・・パンツのオマンコ部分にモザイクがかかっています。濡れています。このモザイクこそが愛液が分泌されている証拠です。パンツを脱がせてお尻の穴丸出しの状態で男優が六花さんのオマンコを触ると、マン汁が糸を引いていますっ!男優が人差し指と親指をくっつけたり話したりすると、マン汁が糸を何度も引きます。お顔とマン汁の両方がひとつの映像に収まっているいい画です。

この後、電マをした後も同じようにマン汁の糸引きが見えます。考えてみてください。こんなに可愛い女の子がアナルを見せながら、マン汁を分泌をさせてるんですよ。そう考えただけでも勃起爆発です。

がっかりなハメ撮り

ハメ撮り。スカートをめくられてパンツを見せると、すでにオマンコ部にモザイクが。デフォルトでパンツにシミを作ってしまう方のようです。濡れやすいのかもしれませんね。男優がそのパンツを脱がせて、マン汁のシミの部分に六花さんに見せるのですが、パンツの素材的に分かりにくい上に、カメラにはしっかりと見せずにがっかりです。エンターテイナーではありませんね。AV男優失格です。

普通の展開で本番して最後は顔射。可愛い女の子のお顔を白いザーメンが汚します。イマイチ盛り上がりに欠けるセッションでした。

3P

バカの一つ覚えみたいに鍛え上げられた体の男2人との3P。四つん這いになった小野六花さんのオマンコをパンツの上から触ると、割れ目の形がくっきり。マン汁のシミができていますが、パンツの皺が陰になっていてはっきりとは分かりません。惜しいシーンです。

これをめくったら、マン汁が見えるかもしれないのに、あろうことかローションを流します。マン汁の映像よりも、ローションをかけられた女の子の映像の方がニーズがあるのでしょうか。僕はマイノリティなのでしょうか。

1時間57分30秒頃からアナルのドアップ。その先に見える膨らんだ恥丘と可愛いお顔のコントラストが絶妙です。2時間11分27秒の手マンをしているときに、小野六花さんが「垂れちゃいそう・・・」と言ってオマンコから潮が流れ落ちるシーンは勃起してしまいました。

この後は普通の3Pなのですが、2時間15分の横バックの時の小野六花さんは、本当に幼く見えて合法ロリ映像です。最後はお顔に2連発。

総評

とりあえず、作品のテーマであるイったとかイってないだとかが見ていて面倒でした。

マン汁のシーンはとても短いですが、はっきりと粘液が糸を引いていてなかなか良い映像です。でも、それ以外は普通ですね。特に濡れたパンツを小野六花さんにだけ見せる本番2人目の男優のプレイは見ていてフラストレーションが溜まりました。

小野六花さんは可愛いのですが、可愛さよりも「なんでこんな子がAV女優に!?」感の方が先行しています。よく見ると、たまにイモっぽいお顔をされていて、その辺りのちょっと素朴な感じが好きな人は好きなのでしょう。