鈴村あいりさんの白いマン汁をご覧ください

鈴村あいりさんの先生モノの作品です。当時19歳の鈴村あいりさん。幼さが抜けていなくてとても先生には見えません。この作品では、この清楚で純粋そうな女の子のケツの穴やマン汁が何度も見れてしまうという貴重な作品です。しかも、男のケツの穴まで舐めておられます。AV万歳。他に何が言えるでしょう。

作品概要

5段階評価 5
タイトル MOTTO ENJOY HI-SCHOOL 03 鈴村あいり
出演女優
配信サイト MGS
発売日 2013/09/03
収録時間 145分
品番 ABP-036
属性 美乳 白いマン汁 アナル舐め

男子生徒の制服の匂いを嗅ぎながらオナニーをする変態先生

男子校に赴任してきた新人教師の鈴村あいり先生。慣れない年頃の生徒たちにどう接していいか分からなくて悩んでいるご様子。どうやら変態体質らしく、誰もいない教室に入って生徒の制服の匂いを嗅ぎながら、机の角でオナニーをしてしまいます。そしてたまたま見つけたバイブをオマンコに挿入。自然な陰毛が神々しいです。

スカートの中は筋マンだった

学校の図書館で本を立ち読みしている鈴村先生。当然ながら官能小説であります。そして小声で囁くように朗読しています。読んでいるうちに興奮してきたようで、スカートの中に手を入れてオナニーを始めます。スカートの中では白いパンツの上にマンコの筋がくっきり。オナニーしてる姿を生徒に見られてしまいます。

そして学園モノAVあるあるの「先生がこんなことしていていいんですか?」からスカートをめくられます。再びパンツにくっきり浮かんだ筋マン。美しいです。ある種のチラリズムです。パンツを下ろされると、お尻の穴をドアップで検分されます。パッケージ写真をご覧ください。この美しい女の人の肛門がドアップで見られるのです。素晴らしいです。

その後、フェラチオをして、図書室の本棚にもたれながら立ちバック。突き出した綺麗なお尻と声を押し殺す姿が興奮させてくれます。最後はお尻にかけられ、お口でお清めをして終了。

鈴村あいりの白いマン汁

職員室でバイブの話を男性教師たち。そこになぜか水着姿で鈴村先生が登場します。「体をほぐす」と称して、2人にバイブ攻めされます。水着の股間部分をずらされる瞬間に一瞬だけマン汁のシミが見えます(47分15秒くらい)。水着をずらされると、アナルとオマンコのドアップ。薄めのモザイク越しにオマンコの形が見えます。脇に生えたマン毛が憎い。

カメラの前で大開脚の状態でバイブを突っ込まれると、白く泡立つマン汁が!しかし、ローションかもしれません。不思議なものでまったく同じ映像でもマン汁と確信できると大興奮なのに、ローションの疑いを持ってしまうと半興奮になります。バイブを抜くと、アナル付近に白い液体がべったりしています。もう一度挿入して抜くと、今度はサラサラとした白い液体が流れてお尻を伝って落ちていきます。間違いありません、あのサラサラ度合いはマン汁です。今度は指を入れて手マンをすると、潮吹きの中で白い液がポタポタとマンコから溢れてきます。100%マン汁です。鈴村あいいの白いマン汁です。

フェラチオをしてから、1人がバックで挿入。デスクの上で自ら腰を縦に動かす姿が超エロいです。途中で手マンをされると、ちょっとだけ再び白い液が見えます。続いてアナル舐め。ときどき吸ったりしながらかなり本格的に舐めてます。清楚な女の子のアナル舐め、さいこーに興奮します。最後は顔射2連発で終了。鈴村あいりさん、呂律が回らないくらいヘトヘトです。

指に付着したザーメンを舐め取る

廊下でバケツを持って立たされている生徒たち。おしゃべりをして、まったく反省していません。そこで鈴村先生登場。「反省してない!」としかりますが、話し方が可愛すぎて迫力の欠片もありません。困った先生、罰としてフェラチオをしちゃいます。お口に3連発で終了。最後の生徒が射精した後に丁寧にお清めをして、自分の指に付着したザーメンを舐めて取る姿はまさに天使です。

お顔に集団ぶっかけ

美術の授業。ブリーフ姿のしみけんをモデルに生徒たちが絵を描いてます。すっかり「エロ先生」が定着した鈴村先生は絵を描く生徒たちの股間を触ってちょっかいをかけます。「写生の時間」を「射精の時間」にすると言って、しみけんとエッチをはじめると生徒たちも参加。まずはお尻を突き出されて、パンツをずらされます。ここで再びアナルのドアップ。机の上にのり足を広げるとマンコとアナルを至近距離で拝むことができます。

みんなにフェラチオをして、しみけんが挿入。後ろからやられていると、しみけんのチンコに白いマン汁がべっとりしているのが確認できます(1時間53分ごろ)。最後は正常位になって、生徒たちに次々と顔射されて最後はしみけんも顔射。

感想

他の学園モノAVと比べても、ストーリーはすべてが唐突ではありますが、ほどよい大きさの美しいおっぱい、まだ少し幼さのある可愛いお顔、自然なマン毛、美しいアナルと鈴村あいりというAV女優の魅力がいっぱいに詰め込まれています。AVのモザイクが濃くなったのがいつからかについては諸説ありますが、本作はモザイク薄めです(だと思います)。

この作品はアングルが素晴らしいですね。ケツの穴のドアップが何度出てきたことか。マンコのドアップも、モザイク薄めということもあって十分抜けます。「マンコを覆うモザイクを見ている」よりも「モザイクの向こうのマンコを見ている」の方が近いです。

そして、何よりもあのマン汁です。バイブプレイ中とあって最初はローションだと思ったんですよ。白い液も単にローションが泡立っているだけかと。でも、最後にシャビシャビの白い液がすごい勢いで垂れていったではありませんか。ローションはあんな動きはしません。ローションはもっと粘度が高くてドロっとしています。そういう微妙な見極めを要するところも愛しい作品です。個人的には一瞬だけ水着の股間部分に見えるシミが好きです。ああいう瞬間を見つけるのがAVの醍醐味ってやつです。

MGSのレビューでも評価が5点満点中5点なので一般受けする作品なのでしょう。ファンでなくとも抜けること間違いありません。ぜひご覧ください。