オナニーでたっぷりと分泌された愛液をカメラに見せてくれる姿が天使(男優さん達も見習ってほしい)

涼宮すずさんという料理研究家AV女優さんの作品です。最初のオナニーで指にネバネバと愛液が絡みつき、ディルドを挿入すると白濁したマン汁が垂れてくるというシーン、3Pでは潮を吹いた最後の一滴が乳白色になっているという一瞬のシーンがあります。ベトベトのマン汁が絡みついた指をちゃんとカメラに見せてくれる姿がかなり卑猥かつ好印象です。

作品概要

5段階評価
タイトルマジイキ!初3P 凉宮すず
出演女優
配信サイトFANZA
発売日2015/12/13
収録時間150分
価格300円~
品番team00075
属性Fカップ オナニーでマン汁 アングル良し

料理研究家AV女優?

この作品は、読者の方からおすすめマン汁エロ動画として教えていただきました。お二人の方からすすめていただいた作品です。情報をいただきありがとうございました。

涼宮すずさんというAV女優さんですが、既に引退されているようです。

Twitterだけは、ご本人なのかよく分からないのですがアカウントは存続していて今も更新されているようです。既に更新が止まっているブログには、「管理栄養士/料理研究家」として紹介されています。Wikipedia情報ですが、身長153㎝、88㎝でFカップのバスト、ウェストは55㎝でヒップは80㎝というスタイルです。

この作品は、涼宮すずさんの2作目の作品です。

愛液に濡れたオナニー

読者の方からすすめられるということは、マン汁が見れるということです。

最初のシーンはカメラをベッドの上に固定して、その前でオナニーの披露。サンプルの画像だとお顔が微妙だと思いましたが、笑うと可愛いです。カメラの前で服を脱いでいき、パンツだけの姿になると、その股間の部分に小さな小さなシミができているのが確認できます。

その横からちょこっと出ているハミ毛。いいですね~。

ちなみに、このオナニーシーンの画像ではありませんが、こんな自然なマン毛をされています。

やがてパンツを脱いで全裸で中指と薬指をオマンコに入れてオナニーを涼宮さん。オルガズムを迎えた後に、愛液でびっしょびしょになった指をカメラに見せてくれます(10分34秒)。指と指の間ですっげー糸を引いている。

しかし、ちょっとだけ違和感を感じてしまいました。

これローションじゃね?

と。いや、分からないですよ。見ためだけで、愛液とローションの違いなんて分かりません。でも、愛液というのはもう少し生々しい雰囲気があるような気がします。ほら、「マン汁」と呼ばれるように、ムワっとした何かがあるじゃないですか?匂ってきそうな雰囲気が。

うまく説明できませんが、そういう「マン汁感」が感じられなかったのです。

そこで、もう一度オナニーシーンを見返しました。

うん、最初は彼女の指は乾いています。完全にドライです。

これで途中でカットがなければ、間違いなくマン汁と宣言できて、僕も安心してオナニーできるというものです。だって、ローション見て興奮してシコシコするなんて情けないじゃないですか。

残念なことに映像は途中でカットがありました。単純に彼女のオナニーが長かっただけかもしれません。これまでマン汁シーンが蔑ろにされてきたのをさんざん見てきたので、逆に言えば、いちいちここでローションを使って偽マン汁を見せるなどという演出はしないだろうとも思えます。

モヤモヤします。

で、指の次はローター。最初はクリトリスに当てていましたが、オマンコの中に入れてしまいました。その上から電マでクリトリスを刺激。

随分とエッチなことをなさる。

ローター&電マで絶頂を迎えると、ディルドにフェラをしてからオマンコに挿入(15分50秒)。

場面は違いますが、↓こんなやつです。

挿入すると、愛液の大きな雫が涼宮さんのオマンコから垂れてきました。

アナルの脇をゆっくりと垂れていく液。量は多くはありませんが、後から白いマン汁に変わり溢れてきます。

ローションだったら、こんなに溢れて出てこないよね?オマンコの中でローションを醸造するなんてありえないよね?

そう思うと、急に生々しい映像に見えてくるから不思議です。

白いマン汁が涼宮さんのオマンコからお尻の穴まで垂れています。

涼宮さん、もう一度オマンコに指を入れてカメラの前で指をくっつけたり離したりしてくれています。そこに、愛液の膜ができています。

あーー、これこれ!このネバネバ感!確かにマン汁っぽい!

しかし、これがAV男優だったら女優さんに「すっごい濡れてるよ」と言うだけで、ここまでアップでカメラに見せてはくれないのに、女優さんは魅せる意識が高いのでしょう。

で、最後にカメラに顔を近づけてオナニーの感想を言うのですが、その時も自分の指に付着した白濁マン汁を触って糸を引いてくれます。このだら~んとしただらしない糸の引き方。エロいです。マン汁です。そして可愛いです。

不毛なクンニが続く

この後は、吉村卓、田淵正浩とそれぞれ本番をしてから、知らない男優とシックスナインだけというシーンが続きます。あれだけのマン汁シーンを見たら、その後のカラミでもマン汁が見たくなるじゃないですか?

でも、この人たち全然ダメです。いきなりクンニしちゃうんだもん。AVのクンニのシーンってそんな需要あるんですかね?愛液フェチとしては、オマンコの反応が見たいのに。

潮吹きの最後の乳白色の一滴

一番最後のカラミが3Pです。

3つ上の画像(縦長の画像)のシーン。1時間58分頃からの手マンのシーンです。男の1人が後ろから女優さんの足を広げさせて、もう1人が手マンをするという、3Pではよくあるシーンですね。

お約束のように潮を吹くのですが、その吹いた潮の最後の、最後のひとしずくが乳白色になっています(1:59:35)。ほんの一瞬で、分かりにくいですが、確かに白いマン汁でした。

手マンが終わると、1人にオマンコを触られながら、もう1人の男優に涼宮さんがアナル舐め。途中からアナル舐めをされながら、アナル舐めをしています。2作目でアナル舐め。できれば、もう少し長くやって欲しかった。

あとは、普通の3Pです。これ以上の特筆すべきシーンは特にありませんでした。最後はお口の中に2発連続で終了。

総評

マン汁はそこそこという感じです。恐らくローションではないと思いますが、あのカットの場面がなければ、もっと素直に楽しめたのにと思ってしまいます。涼宮さんのオナニーが長かったのでしょうか。「ここでカットを入れたら、せっかくの愛液なのにローションを疑われるゾ」なんて考えないのでしょうね。

まあ、でもあそこまでカメラにちゃんと見せてくれるのは、男優ではなかなかしてくれません。それを何度もやってくれるというところに、彼女のプロ意識といいますが、サービス精神が見えて好印象でした。特に最後の指についたマン汁をいじって糸を引かせる、あのマン汁は卑猥です。

カメラのアングルは素晴らしいです。自然なマン毛とアナルがたくさん見れます。

Fanzaのユーザー評価も4.53とかなり高いので買って損はないかと思います。マン汁シーンがあのオナニー以外でもあれば、僕も満足度5としていたと思います。

ちなみに、上にリンクを貼っちゃいましたけど、この作品はFANZAの見放題chで見ました。25万本ですよ。日本一のエロビデオライブラリーです。