• 2024-05-04

河北彩伽さんがおじさんを優しく包み込み、ごっくんまでしてしまう(大好きな中年おじさん…汗だくだくで…キスして…挿れて…イカせて…)

河北彩伽さんの陰毛に絡みつくマン汁、白く濁った色の潮吹き、ごっくん、アナルヒクヒクが見れる贅沢な作品です。しかも本番5回。しかし、それらよりもおじさんを優しく包み込むようなプレイが最高で、壮大なファンタジーを見ているようです。河北彩伽さんが好きになってしまいました。

  • 2024-04-27

頂き女子りりちゃんよりも参考になる!?リアリティのありすぎる麻美ゆまの演技(五時から枕営業部)

麻美ゆまさんが枕営業をして、取引先を篭絡していく物語。結論から言うと、めっちゃ勃起させてくれる作品です。マン汁映像はほんのちょっとだけですが(しかしパンツの愛液のシミがエロい)、麻美ゆまさんのやり方にリアリティがありすぎて、思わせぶりな態度で男の懐にジワジワとアプローチする姿を見ているだけで勃起してしまいました。セックスに溺れずに、営業を徹底している姿も逆にエロかったです。

  • 2024-04-21

素人(?)とても可愛い女の子が手マンで白い愛液を分泌させています(MIREI)

素人なのかAV女優なのか分からない謎の美女MIREIさん。昨今のAVで多い量産型ではない、自然な可愛さを持つ女性が、男優なのか素人なのか分からない男に手マンをされて、白っぽい愛液を分泌させています。インタビューも自己紹介もなし。お互いに言葉を交わさずセックスに没頭する姿にアングラ感が漂い、性的興奮をサポートします。ボーボーな陰毛もGood。

  • 2024-04-17

湯船に浮かぶ白濁マン汁がいやらしい(配信限定:ナチュポケ REC: 梓ヒカリ ハメ撮り IP女優のありのまま解禁)

梓ヒカリさんが男優・貞松氏とラブホテルで2人きりになってずっとハメ撮りをするという作品です。マン汁映像は数回あって、特にお風呂に浮かぶ白濁マン汁が生々しいのですが、貞松氏が視聴者に積極的にマン汁を見せてくれず、フラストレーションが溜まります。一方で、梓ヒカリさんの素の様子がとても魅力的でAV作品としては良い出来だと思います。黒々とした陰毛も卑猥。

  • 2024-04-13

マン汁とアナルヒクヒクの競演が卑猥すぎる(色白スレンダー・女神乳JD 深田結梨)

ハリのあるおっぱいと自然なお顔が特徴の深田結梨さんという女優さんの作品です。最初の手マンで白濁マン汁を流し、四つん這いになるとアナルを激しく伸縮させながら愛液を流します。AVでたまにみられるアナルヒクヒクとは違い、中から何かでてきそうな伸縮を繰り返し、穴が広がる度に潮を吹くという卑猥極まりない映像を見せてくれます。変態心をくすぐる作品です。

  • 2024-04-10

引退作品 即勃たせてくれるアゲまん 呼べば即舐め絶倫フェラチオ が~るふれんど。-The FINAL LOVE BOMB- 加美杏奈

加美杏奈さんの引退作品です。引退作品と言っても、引退が決まる前に撮影された作品のようで、引退については全く触れられていません。マン汁は一瞬だけ。0.25倍速で見ないと分からないレベルです。全体的にアングルが悪く、内容も単調。唯一楽しめるのは、加美杏奈さんのスーツ姿と彼氏をリードしてセックスに持っち込む「エッチなお姉さん」という雰囲気です。

  • 2024-04-06

151㎝にGカップの黄金ボディ、2024年期待の大型新人(FIRST IMPRESSION 170 海老咲あお)

海老咲あおさんという4月5日にデビューした女優さんのデビュー作です。151㎝の体にまん丸のGカップ。お腹すっきりで真っ白なお尻。めちゃくちゃエロい体をされています。お顔もパッケージと同じ綺麗なお顔。その子が何度も痙攣して絶頂しています。ただ、愛液の映像は少しだけなのが残念。今後、ランキング上位に加わる大型新人ではないでしょうか。

  • 2024-03-31

スリムでそこそこ胸のあるエステお姉さん、ダメと言っていたのに挿入した途端に濃厚マン汁を流すの巻(芽森しずく 最新やみつきエステ)

芽森しずくさんという既に引退されている女優さんがエステティシャンになって、男たちにご奉仕するという作品です。素股コースの客に「ルール違反」「ダメダメ」と言いながら、最終的には挿入を許したかと思ったら、まるでザーメンのような濃厚白濁マン汁を垂れ流していました。スリムな女性が好きで、濃厚白濁マン汁が見たい方におすすめ。

  • 2024-03-27

白濁マン汁3連発 – AVに卑猥さを求める人にイチオシ作品

ほぼ素人のような女優さんの作品。オナニー、手マン、挿入中と白濁マン汁3連発されています。作品全般に渡ってアングルが良く、マン汁のドアップ映像多し。お尻の肌荒れとかはありますが、そういうのをひっくるめて卑猥さが愉しめる作品です。FANZAで特別評価が高いわけでもないのに、この作品を見つける嗅覚が欲しい。