弟にチンコを挿れられた古川いおりさん、マン汁を垂れ流して白濁化させる

古川いおりさんのドラマ作品。Fanzaのユーザー評価が4.56点と非常に高い作品です。挿入中にマン汁がどんどん分泌されペニスが真っ白になるというシーン、潮吹きのあと陰毛(剛毛)に粘愛液がぶら下がるというシーンがあります。しかし、近親相姦というシチュエーションが苦手で僕は☆3つです。

作品概要

5段階評価
タイトル最高にエッチで綺麗な古川いおりがアナタの姉になってラブラブ近親相姦生活
出演女優
配信サイトFANZA
発売日2015/06/06
収録時間244分
品番1star00605
価格300円~
属性完全ドラマ仕立て 白濁マン汁 姉と弟

この作品を見て悦ぶ人

この作品は完全ドラマ仕立てです。普通AVのドラマっていうのは、AVありきでドラマテイストが含まれているという程度ですが、この作品はドラマありきでAVテイストが含まれているといった具合です。なので、人を選ぶというのでしょうか、かなり好みが分かれると思います。

この作品を見て悦ぶ人は次のいずれかに該当する人ではないでしょうか。

  • AVよりもドラマが好きな人、かつ姉と弟のセックスというテーマに耐えられる人
  • マン毛ぼーぼーのAV女優が好きな人
  • 白濁マン汁が大好きな人

まあ、こんなところでしょう。僕は姉と弟がセックスするというシチュエーションが好きではありません。ドラマにするならテーマなんぞいくらでもあるだろうに、なぜよりによって姉と弟なのか、僕には理解できません。

そして、長い。240分ですよ。映画2本分。スターウォーズなら子供のアナキンが登場してからパドメと結婚するまでの時間です。ドラマ仕立てのAVが好きな人でも、4時間じっくりと見れる人はなかなかいないのではないでしょうか。ストリーミングで見ると一応2つのファイルに分かれているので、120分のAVを2本買ったと思えばお得かもしれません。

なお、最初の挿入まで2時間を要します。

Fanzaのユーザー評価が4.56点と非常に高く、コメント欄には「名作中の名作」「古川いおりさんの最高傑作」などと美辞麗句が並んでいますが、どうしてここまで褒められるのか分かりません。

なのですが・・・

つまるところ、マン汁とマン毛です。よくある「糸を引く」というレベルではありません。ホワイトでクリーミーなマン汁が鑑賞できます。

とりあえずマン毛が剛毛

今回初めて古川いおりさんの作品を見たのですが、綺麗な女優さんですね。和風美人のお姉さんって感じです。笑い声がちょっと麻生久美子さんに似ています。ちなみに「古川」の読みは「ふるかわ」だと思っていたら「こがわ」だったんですね。

この方の特徴(最近は分かりませんが)が、ぼーぼーのマン毛です。下の画像を見れば、そのぼーぼーぶりがよく分かることでしょう。

古川いおりさんは関西弁で話しています。ユーザーのコメント欄に「完璧な関西弁」とか書いてあるので演技かと思ったら、大阪出身なんですね。ドラマのストーリーは実際に作品をご覧ください。基本的に主人公(?)である弟の主観映像で物語は進んでいきます。

エッチなシーンが始まるまで、40分以上。

「これがほんまもんのおまんこやで」

と言って、黒々とした陰毛に覆われたオマンコの御開帳です。オマンコの脇までしっかりと生えています。

挿入しているとみるみるうちに愛液が白濁化していく

最初のセックスシーンは100分以上経過してから始まります。

ちょうど2時間頃、下の画像のシーンです。弟が古川いおりさんのオマンコに指を入れて抜くと、指に絡みついたマン汁の糸がマン毛に引っ掛かっているのが分かります。ほんの一瞬で、普通に見ていたら見逃します。一瞬ではありますが、剛毛に絡みつくマン汁の姿は卑猥です。

「おちんちんはここに入れんねんで」と言いながら、結構な巨根を挿入。正常位の結合部にカメラがぐーっと近づくと・・・

おや?モザイクの中に白いブロックが・・・

はい、白くなっています。オマンコに出入りするおちんちんの先の方がマン汁で白くなっています。モザイクが憎い。いったん、古川いおりさんのお顔を映して、再び結合部に戻ると、

さっきよりも白い部分が多くなっている!

分泌です。分泌されています!

その後もすっかり白くなったおちんちんがオマンコに結合部する映像が続きます。モザイク越しなのが本当に残念です。

しかし、剛毛マン毛の間に刺さるチンコに付着する白濁化したマン汁。風情がありますね~。

しかもどんどん白くなっていきます。

途中で騎乗位になるのですが、主観映像なので後ろからのアングルを見せてくれません。僕としてはマン汁で白くなったアナルの映像を期待していたのですが、見れませんでした。背面騎乗位担っても、その瞬間は見えず。

最後は正常位になってお腹の上に発射して終了。

剛毛からぶら下がるマン汁

マン汁の話の前に・・・

この弟役の男優さん、そこそこのサイズのペニスなんですよ。それを涙目ながら根元まで咥える古川いおりさん。ちょっと興奮してしまいした。

その直後のシーン。2つ目のファイルの1時間1分20秒くらいのシーン。古川いおりさんは手マンをされて潮を吹いてしまいます。弟が手をオマンコから抜くとカメラがオマンコに寄ります。すると、オマンコの脇の陰毛に愛の液がブランブランしているではありませんか。重力に逆らってマン汁が陰毛にしがみついています。

こちらも一瞬しか見えませんが、潮を吹いた直後に粘液が垂れてくる映像はなかなか見ものです。ほんと、一瞬なんですけどね。

その後は挿入して口の中に発射して終了します。

最後のカラミでは、陰毛を引っ張ってオマンコをビローンと広げるシーンがあります。卑猥です。

挿入中にペニスが白くなっているように見えなくもないのですが、微妙でマン汁認定できません。最後はお顔に発射して終了。

総評

Fanzaのユーザーコメントではシナリオと演技力を評価するコメントが多いのですが、僕は4時間お付き合いする気になれず、エロいパートというか、セックスのあるパートだけを見ました。

古川いおりさんは、白いお肌と大きなお尻、そして濃い陰毛がとても魅力的です。大きなお尻はバックの態勢になると映えますね。個人的には関西弁を前面的に押し出しているところがちょっと苦手でした。ときどき、アクセントが出ちゃう程度が好みです。

マン汁シーンは完全に、良いのですがモザイク越しというのが残念です。陰毛にぶら下がるシーンは短すぎるし。。。というわけで総評としては☆3つです。ちなみに、同じドラマ仕立ての作品であれば、僕は下の山岸愛花さんの作品を推します。

関連記事

[star-list number=5]不倫願望のあるあなたにおすすめする上質ドラマ作品。年上の冴えない男を貪る山岸愛花さんは、小悪魔的でありながらどこか母性的です。「やるだけ」のAVに飽きた人におすすめ。中年男にキスをしまくって、[…]