[天川そら] オマンコからぶら下がる白濁マン汁をご覧ください

潮吹きがくどいくらいに協調された作品ですが、最初のカラミだけは潮吹きは少なく、代わりにオマンコからぶら下がる白濁マン汁が見えます。マン汁にまみれたオマンコとマン汁が絡みついたペニスが結合するシーンはマン汁好きなあなたの海綿体に響くこと間違いなし。

作品概要

5段階評価 5
タイトル 激イキ97回!痙攣3200回!イキ潮2100cc!長身完美ボディ エロス覚醒 はじめての大・痙・攣スペシャル
出演女優
配信サイト FANZA
発売日 2020/02/01
収録時間 149分
品番 ssni00699
属性 白濁マン汁 大量潮吹き キスが多い

天川そらさんについて

天川そらさん。僕は知らない女優さんだったのですが、清楚系の綺麗な方ですね。公式なプロフィールがなくて、Wikipediaを見ても年齢が記載されていませんが、調べたところ21年9月の時点で22歳のようです。この作品はエスワン専属時代のものですが現在はFALENO専属だそうです。

ぶら下がる白濁マン汁

作品は彼女の私服姿から始まります。「え?もう撮影しているんですか?」なんて言いながら、インタビューを受けていると突然男に襲われます。「まだシャワーを浴びてないから!」なんて言いながら、スカートをまくられるとパンストのお尻の部分が伝線しまくっていて、妙なリアリティを感じます。

服を脱がされ、パンツ一枚の姿になるとパンツのオマンコの部分に大きなマン汁のシミができています。マン汁のおかげでクリトリスらしき膨らみまで見えます。エロい映像です。媚薬オイルを塗られて、ソファの上でアナルとオマンコを見せつけながらオマンコをローター攻め⇒手マン。

攻守変わってフェラチオ。フェラチオをしている表情が攻められている時とは全然違って、余裕のあるお姉さんのような表情です。積極的にキスをする姿もエロい。

騎乗位の時に男優のタマに白い液体らしきものが流れているのが見えますが、オイルかもしれないので僕のマン汁スカウターは反応しません。それにしても、色黒の男優とセックスしていると天川そらさんの肌の白さが際立って綺麗です。

いったんペニスを抜いて天川そらさんが四つん這いになると、男優が「マン汁が出過ぎじゃない?」とオマンコを触ると、白濁したマン汁がビローン!すごいです。指でつまんで引っ張れるほどの粘度です。39分20秒くらいからの映像です。オイルをこねただけではあんな粘度は出ません。マン汁です。

マン汁映像はさらっと終わり、背面騎乗位。40分30秒頃のまさに「桃尻」な尻が上下に揺れる姿はヌケる瞬間です。その桃尻がペニスから離れた瞬間にオマンコからぶら下がるマン汁が見えます。

43分からのバックのシーンでは白濁マン汁にまみれたオマンコと白いペニスが結合している映像が見えます。素晴らしい高マン汁度映像です。最後は顔射+お掃除で終了。

男と女の同時潮吹き

2番目のセッションは、下の格好で2人の男からおもちゃ攻め。お漏らしするみたいに潮を吹きます。あまり好きな映像ではありませんが、大きなお尻のラインはステキ。

男の1人と激しいキスをしてフェラチオをしていると後ろから電マ攻め。フェラチオから手コキに変わると、突然男のペニスが潮を吹き始めます(放尿?)。同時に天川さんも潮吹き。男の潮吹きがホースで水を撒くみたいにすごくて、このダブル潮吹きに見入ってしまいました。

ハメ潮吹きまくり

スキンヘッドのおっさんとのカラミ。1時間25分52秒くらいからアナルのドアップが見えます。潮吹きの多い女優さんのようでハメ潮を吹きまくります。

僕は潮吹きには別に興味はないのですが、1時間38分頃のバックでしているときに、天川さんが後ろを向いて男優の顔を手で寄せながら激しくキスするシーンには勃起しました。スキンヘッドのおっさんと女のキスを見て勃起するなんて悔しいんですけど。

ちなみに下の画像のようにのけぞるシーンが多いです。スタイルの良さがよく分かります。最後は顔射で終了。

潮に飽きてくる

3P。電マや手マンで潮を吹きまくります。潮吹きがくどくて、この辺でいい加減飽きてきます。下のような潮吹きシーンとアクロバットな体位の連続です。もう少し落ち着いてほしいものです。最後は顔射2連発。

総評

後半はイマイチでしたが、最初のセッションは素晴らしいです。パンツのシミから始まって、あれだけ白濁マン汁を何度も見れる作品はそうそうありません。マン汁映像が好きな方なら、マン汁作品コレクションに入れられる作品だと思います。女優さんからの積極的なキスが多いのもいいですね。

Fanzaのユーザーコメント欄に「ルックスが。。。」というコメントがありますが、とても綺麗な方だと思いますけどね。清楚な雰囲気がとてもいいです。AV女優っぽい顔じゃないし。ちょっとだけ志田未来さんに似ているように思えました。スリムなのにお尻が大きいのも僕は好きです。ただ、パッケージの画像は細く見せすぎじゃないかな。

マン汁シーン以外はとにかく潮!潮!潮!という感じで、この作品も企画に縛られているという感想です。何回イこうが、何回痙攣して何ccの潮を吹こうがどうだっていいのです。ヌケればいいのです。そういう意味では潮吹きがほとんどない最初のカラミは秀逸です。