桃園怜奈 – 白濁マン汁が何度も何度も溢れ出す

4年前にデビューしてそこそこ話題になったものの、数作で引退してしまった桃園怜奈さんの作品です。詳細の説明にあるように、白濁マン汁が拝めるシーンが4回もあります。ま、1回はローションの可能性が高いですが。キスも多いです。そしてなんと、この2020年9月に電撃復帰するそうです。Iカップは健在のようですね。

作品概要

5段階評価: 4
タイトル: 本気汁が白濁するまでイカされるねっとり濃厚ファック
出演女優:
配信サイト: FANZA
発売日: 2016/01/30
収録時間: 172分
属性: 白濁マン汁 Iカップ

全体の流れ

  1. 男優と軽く会話をしてから絡み。キスがエロい。オマンコに指を入れられると、早速テカテカしてる。激しい手マンをすると、男優の手の平が水浸し状態。その後もどんどん濡れていく。泡立つ、泡立つ!フェラチオ、パイズリをして挿入。途中、ペニスを外すとオマンコ周辺に白い液がべっとり。体位を変えながら、最後は顔射。キスが多いセッションだった。
  2. ソファの上で両手拘束&目隠しをされている桃園怜奈。ローター攻めからクンニをされると、アソコから白い液が垂れている。男優が指を入れると液が糸を引く。その液を使って軽くアナルへ指入れ。その後電マ攻撃。白い液が垂れ続ける。挿入なし。
  3. ベッドの上で1対1。パンツの上からオマンコを触られると、パンツにシミが。1:21~1:22くらいのベッドにお尻をつけて仁王立ちフェラをする後姿が、お尻が大きくて最高!挿入をすると、すぐに白い液が出てくる。正常位→騎乗位→バック→正常位で最後は顔射。
  4. フェラチオ、素股、パイズリだけ。
  5. 3P。前戯で糸を引いているのに・・・どうしてローションを使う!?その後は普通の3P。途中で桃園さんの化粧が剥がれ落ちていく。何度か白い液が流れているシーンがあるけれど、イマイチ。最後は胸の上と顔の上。

感想

この投稿を書いている時にFANZAの桃園怜奈さんの作品一覧を見ていたらひとつだけ1,980円の作品があって、見たらびっくり。今月復活するんですね。4年ぶりのAV出演です。サンプル動画を見たところ、お顔は変わっていないようです。その新作は↓。

復活 天然Iカップ 伝説の爆乳美少女 桃園怜奈

そして最近のご様子がこちらです。

さて、「本気汁が白濁するまでイカされるねっとり濃厚ファック」は、タイトルとおりのマン汁豊富な作品です。とにかくよく濡れなさる。男優陣も指でピトピトと糸を引かせたり、見せ場をきちんと作っています。

そして、この作品のもうひとつの特徴。

キスが多い。

回数も多いし、桃園怜奈さんのキスの仕方がとてもエロいです。

3Pは退屈ですが、前半(上の1~3)は素晴らしいです。余計なインタビューや演出がなく、セックスシーンに集中できます。

桃園怜奈さんのお顔は好みが分かれるかもしれません。パッケージと見比べると、髪の毛で顎付近を上手に隠していることが分かります。実物の方が地味ですね。化粧によってもかなり変わります。でも自然なお顔で、いわゆる「AV女優顔」な女優たちと比べるとリアルさがあります。スタイルはすごいです。Iカップなのに腰回りはくびれていて、お腹もほとんど出ていません。大きなお尻と腰の括れが特徴ですね。上に書いた#3の仁王立ちフェラの後姿は必見です。

「汁モノ」のAV作品が好きな方なら、きっと満足する作品でしょう。女優さんの普通の女の子っぽいルックスは、キスの多さと相まって生々しさを演出しています。